topmenuleft

麦文記 - 絶品の麺

 
おいしい広東麺は、かん水の味なく、香ばしく、つるつる、すっきり、ぷりぷりで歯ごたえがあることです。人力で麺を押すことは、最も原始の作り方で、いつも機械から作り出したものよりいいでしょう。

Mak Man Kee - The best noodles


海老ワンタン麺
海老一尾で作ったワンタンは、小さいながらもボリューム満点。広東麺との相性は一番です。

蝦子ローメン
簡単の材料だからこそ、こだわりが必要です。専用の鍋で蝦子を炒めて乾かせて、蝦子を焦がさないように、ずっと鉄べらを動かします。蝦子の香りはぷりぷりの麺とぴったりです。

すべてが経済利益を前提にしても、心をこめて、工夫を凝らしてものを作るのは値打ちがあります。50年の老舗は小さいから、隣の客さんの食器をぶつかったりしかちです。屋台から店舗に引越し、いろいろなことを経験しても、手打ちで麺を作る思いはいつも変わりません。二代目店主の麥淙衕さんはこう言います。「いい麺を作るには、時間とかん水の量の加減は大事です。人力で作るのが苦労だし、ただ麺を押しのも2時間かかります。それでも、手打ちの麺こそ、天気によって材料の量をアレンジすることができます。」

麥淙衕さんにより、麺の生産はいくつのステップがありますが、どれも大切です。お父さんの伝統を守り、ゼラチンが高い鴨の卵を使いますから、より香ばしくてつるつるの麺を作り出しました。人力で押す麺はぶりぶりで歯ごたえがあり、かん水の味もなくなります。スープ麺はおよそ20ドル、ローメンは32ドルで、分量も控えるし、飲み物とカキ油も別売だし、一見安くないと思うだろう。でも、いつも満員状態の店で麺を試せば、この値段の理由がわかるはずです。

ダウンロード