雲吞麵,中國南方的地道美食。在香港經數十年不同店舖的演變,衍生出現今的不同款式,有的講求大大粒雲吞,有的為減低成本及工序,由雲吞至麵條均採用交來的材料,務求以低價、大粒、抵食來吸引食客。

『麥文記麵家』由麥民敬先生及其夫人麥孔笑荷一手創辦。自1945年起,就在佐敦的寶靈街一帶街邊擺檔,抱住的亦是平、靚、正為宗旨。但是為要保持麵條的口感,麥文記不會採用工場交來的生麵,而是五十年如一日地堅持自行購買麵粉,自家即制麵條,所以當你一口一口地將麵條放入口中,慢慢品嘗時,你會清楚地品嘗出全蛋麵、蝦籽麵的分別。而麥文記每一粒的雲吞亦是因應銷量而即時以人手包裹,確保每一粒雲吞均保持新鮮、彈牙。如此認真的雲吞麵出品,經過食客的不斷推介,『麥文記麵家』在1958年正式搬入現時的地舖,一直營業至今。期間雖然主理人有所變改,但是麥文記仍然保持一貫對所有的出品的執着,再加上為配合食客的口味,加推出不同的款色,如日賣數百斤的南乳豬手,又或是經常都賣斷市的炸醬等等﹍﹍﹍

ワンタン麺は中国南部のグルメです。香港で数十年経ち、いろいろな店によって作り変え、異なる味を生み出しました。大きいワンタンにこだわる店もあれば、生産コスト節約と製造工程簡略化を追求し、安い値段で客を引くため、ワンタンや麺などの材料も既製のものを使う店もあります。

「麥文記麺家」は麥民敬さんと奥さんの麥孔笑荷によって創立され、「安くておいしい」という趣旨で、1945年代から佐敦の寶靈街の近くに屋台をやりました。麺の食感を保つため、工場の麺を使わず、自分で小麦粉を買って家で麺を作ることにしました。ですから、麺を口に入れてゆっくり噛むと、鶏蛋麺と蝦子麺の違いを味わえます。一つ一つのワンタンも、お客さんが頼んでから直ちに手作るので、新鮮さと歯ごたえが保てます。そのまじめな態度で、お客さんに薦められ、ようやく店舗に引越し、このまま経営しています。その間亭主が変わたが、味にこだわり続きながら、客の好みにあわせて、毎日数百斤を売り出す豚足や、よく売り切るザージャン(炸醤) などの食品を作り出した。

繁華街の中で本格のワンタン麺を﹍﹍
﹍ 麥文記麺家で
試してみませんか?
『麥文記麵家』
你試過未﹍﹍﹍?!